戦争と平和な葬儀|株式会社渋谷不動産エージェント

戦争と平和な葬儀2022-04-18

近街の中に葬儀屋さんが増えていると思いませんか?
ファミコンショップやパチンコ屋が潰れると葬儀屋さんが開店しています。

この傾向は最近始まった訳ではなく、バブル景気の頃にはゴージャスな結婚式が流行し
ドライアイスを用いて雲海を作り、新郎新婦がゴンドラに乗って登場する披露宴が行われました。
ところがバブルが崩壊し、結婚式場が閑古して葬儀屋さんに商売換えする…という事例がありました。

筆者の自宅の北側十数メートル先にローソンが潰れて葬儀屋さんがオープンしたので
覗いて見ました。

家族葬99,800円~と書かれていたので内容を確認すると、
柩とロウソクと線香立ての3点セットでした。
祭壇も花もオプションだそうです。
なんだかんだで20万円~30万円の費用がかかる仕組みになっていました。

不景気が葬儀屋を増やし、お葬式もお墓もいらないと考える人が増えて
日本の平和が薄れてきた印象をつい最近まで抱いていました。

しかしウクライナの悲惨な状況を見るにつけ考えが変わりました。
市街地に死者が散乱し、死者を葬るために遺体を動かすと
地雷が爆発し死者を増やしてしまう狂気が戦争です。

葬儀屋さんが増えるのは平和であると感謝し
ウクライナに1日でも早く平和が訪れる事を祈るばかりです。

by昭和のゲルバラ

調布・調布近隣の不動産のことなら
渋谷不動産エージェント!
新築戸建 / 中古戸建 / マンション etc…
売買・賃貸・相続 なんでもご相談ください!
\お問い合わせはお気軽に/

ページ作成日 2022-04-18

カレンダー
 << 2024年5月  

ページ上部へ

~ Pickup Contents ~