TOP >
調布タウン情報 > 「厄除元三大師大祭」と「だるま市」
タウン情報

「厄除元三大師大祭」と「だるま市」

調布市の深大寺では、毎年3月3日と4日に深大寺最大行事とされる「厄除元三大師大祭」が行われます。
これに合わせて「だるま市」も開催されます。
だるま市が終わると春はもうすぐだと感じます。
調布駅構内では、実物のだるまをあしらった看板が掲げられています。
毎年、調布駅周辺ではバスの乗務員さんがバス乗り場まで誘導している光景が見られます。

厄除元三大師大祭のクライマックス~お練り行事

厄除元三大師大祭で最も見所なのは14時から行われる「お練り行事」です。
きらびやかな袈裟をまとった高僧が、雅楽衆を先頭に一列に並んで境内を歩きます。
ゴールドの獅子舞も登場しました!

深大寺のだるま市は「日本三大だるま市」の1つ

深大寺のだるま市は、「高崎だるま市」、「毘沙門天大祭だるま市」と並ぶ「日本三大だるま市の1つとされていて、毎年境内には300余りのだるま店が出店していて、風水にあやかったカラフルなだるまや、動物をあしらっただるまなど様々なだるまが並んでいます。
毎年だるまを買い求め多くの人でにぎわいます。
こちらは瓦職人が作った陶器のだるまだそうです。ずっしりと重量感があります。

深大寺独特の目入れ

だるまを購入したら、元三大師堂前にある「だるま開眼所」で目入れをしてもらいます。
深大寺では、目に「梵字」を入れるのが特徴で、だるまの左目には物事の始まりを意味する「阿(あ)」の字を入れて開眼し、心願叶っただるまの右目には物事の終わりを意味する「吽(うん)」の字を入れ、寺に収めます。
だるまは初めの年は小さい物を購入して年々大きくしていくと良いのだそうですよ。
小さいだるまにも目をを入れていただけます♪

限定の御朱印をゲット!

最近は女性の間で「ご朱印集め」がブームとなっていて、「ご朱印ガール」という言葉もあるほど。
深大寺では通常3種類のご朱印があるのですが、だるま市の日には「だるま市限定のご朱印」をいただくことができます。
限定ご朱印は紙で頒布されます。早速御朱印帳に貼付!

通常の深大寺は観光客が多いものの、自然豊かでのどかな雰囲気です。
美味しいお蕎麦屋さんやゲゲゲの鬼太郎にちなんだ「鬼太郎茶屋」もあり、散策するのにとても良い場所です。
みなさんも深大寺に足を運んでみてくださいね。

厄除元三大師 深大寺

ホームページ http://www.jindaiji.or.jp/
住所 東京都調布市深大寺元町5丁目
アクセス 京王線調布駅北口14番乗り場「深大寺」行きバス(調34)に乗車。
終点「深大寺」で下車、徒歩1分。
駐車場 近隣有料駐車場有(境内の駐車場は法事、または車両祈願の利用に限る)
電話番号 042-486-5511
営業時間 9:00~17:00(寺務所の対応時間)