トップ >
不動産やさんに聞いてみよう > 地震に強い家にしたい。どんな方法がある?

不動産やさんに聞いてみようREAL ESTATE TIPS

地震に強い家にしたい。どんな方法がある?

地震大国の日本。これから新しくお家を建てるのであれば、地震に強いお家にしたいですよね?
地震対策にはどんな方法があるのか、ご説明致します。

耐震

現在は大半の住宅が建築基準法を守ってきちんと施工されており、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しない新耐震基準を満たした耐震住宅となっていますが、さらに強度を高めたいのであれば、「制震装置」と「免震装置」の導入が考えられます。

制震装置

建物の内部に組み込み、地震のエネルギーを吸収して揺れを減らす装置のことを「制震装置」といいます。
上階ほど揺れが酷くなる高層ビルなどには、非常に効果的な技法です。

免震装置

建物と基礎の間に設置し、揺れを建物に伝えないようにする装置のことを「免震装置」といいます。
地盤の制約はありますが、設置できれば建物の損傷や家具などの転倒を大幅に減らすことができるといわれています。