トップ >
シニア事業部 > 高齢者住まいの相談窓口

老人ホーム紹介センター 高齢者住まいの相談窓口NURSING HOME

高齢者住まいの相談窓口とは

高齢者の求める理想の住まい探しを応援

高齢者住まいの相談窓口とは?

平成26年1月に開設した高齢者のお住まいに関する相談や、お住まいのご紹介・ご案内を行っている相談窓口です。
お客様とのコミュニケーションを通じて得た様々な経験を活かし、ライフスタイルやお身体の状態に合わせた住まいの相談を無料で受け付けています。

当社がお手伝いできること

  • 住まいのご相談・ご案内何度でも「無料」でお受けいたします。
  • 「お身体の状態」や「経済条件(※1)をお伺いした上で、
    ご希望に合うお住まいを迅速にご提案いたします。
  • 「エリア」は武蔵野・多摩・八王子・川崎中心。
    各ホームとの連携体制を強化することで、ご本人・ご家族のご要望に合う
    住まいのみを厳選しご提案いたします。
  • ご見学の際には、ご自宅まで送迎していますので、 お気軽にご相談ください。(※2)
  • お引越しの際には、ご入居までの段取りや お運びする家財の整理・荷造り・荷解きまでサポートしてくれる 安心のフルサポート付きのお引越し業者をご紹介します。


  • ※1:例えば「月額20万円以下のお住まい」など、ご希望をお申し付けください。
    ※2:一部地域により、ご希望に添えないこともありますので事前にご相談ください。

    これまでの相談事例

    社会や家族のために働いてきたが、高齢を迎えて一人暮らしになった今、健康に不安がある。家族に心配をかけずに、これからの人生を安心して自分らしく過ごせる住まいを探している。
    【解決方法】普段の何気ない会話やコミュニケーションの中から、表情やお身体のわずかな変化に気づけるスタッフが24時間常駐。ぬくもりのある自由で自分らしい住まい「サービス付き高齢者向け住宅」をご紹介。
    社会や家族のために働いてきたが、高齢を迎えて一人暮らしになった今、健康に不安がある。家族に心配をかけずに、これからの人生を安心して自分らしく過ごせる住まいを探している。
    【解決方法】普段の何気ない会話やコミュニケーションの中から、表情やお身体のわずかな変化に気づけるスタッフが24時間常駐。ぬくもりのある自由で自分らしい住まい「サービス付き高齢者向け住宅」をご紹介。
    脳梗塞により自立歩行が困難になる。日中、夜間の移動手段が車椅子となり、食事・トイレ介助が必要となったことから、相談をいただきました。
    【解決方法】ご家族は安価で自由な暮らしを求め、「サービス付き高齢者向け住宅」を希望されていました。お身体の状態を鑑み安全面を最優先、周囲から定評がある24時間循環介護体制の介護付き有料老人ホームをご提案し、ご入居いただきました。
    施設の退去満了日を間近に控え、「本人のかかえる基礎疾患が理由で受け入れ先がない」と代理人から依頼をいただきました。
    【解決方法】「連帯保証人を立てられない」等の受け入れ困難なお客様に対し、当社が不動産業者であることのメリットを生かし、専門業者と連携することで最適な住まいを提供致しました。単に専門業者に話をつなぐことにとどまらず時に送迎も行います。
    ケアマネージャーの方から、80代になるご利用者様が、一人暮らしで歩行が困難になり、お住まいについて悩んでいるとご相談をいただきました。
    【解決方法】持ち家を売却する手順や、売却までの時間を考慮し、年金で賄える位の「高齢者向け住宅」をご紹介させていただきました。
    株式会社渋谷不動産エージェント(シニア事業部)
    042-444-5940 
      お問い合せフォーム
    電話番号のお掛け間違いにご注意下さい